キヤノン・エプソン・ブラザー互換インクカートリッジのプレジール

キヤノン・エプソン・ブラザー互換インクカートリッジのプレジール

PICTについて

美しい印刷の条件とは

インクジェットプリンターはパソコンから受け取ったデータを分析し、1 ピコリットルという極小単位のインク滴(3 原色+ 黒)を水鉄砲のように噴射し色を重ねることでフルカラーを表現します。美しい印刷結果を得るにはインクカートリッジから常に適量のインクが供給され、プリンターのインクジェットノズルからインクを飛ばすことが重要になります。

インク負圧制御技術「PICT」

このインク供給の安定性を実現するために、カートリッジ内部の負圧を常に適切な状態に制御する新技術がPICT(プレジール インジェクション コントロール テクノロジー)なのです。

内部の負圧が大きすぎると白抜けやカスレ、逆に負圧が小さすぎるとインク滴のバラつきや滲みを引き起こし印刷不良の原因になります。さらに開封しただけでインクがボタ落ちしたり、プリンターにセットした後に内部でインク漏れを起こしてプリンター故障の原因になるなど、印刷の仕上がり以外にも大きな悪影響があります。
本技術により使い始めから使い終わりまで安定した印刷を実現しました。

「適切な負圧」と「適切でない負圧」